医療系の転職の基礎知識

医療系の転職の基礎知識について説明します。医療系の仕事といえば医療事務が一般的です。よく医療事務の求人の条件に医療事務資格を持っていることと表示されていることがありますが、医療事務関連に国家資格はありませんので、公的資格か民間の資格になります。どのようなものがあるかというと、医療事務管理士技能認定試験や医療事務技能審査試験というものがあります。医療事務管理し技能認定試験の資格を取ると、医療事務スタッフとしてのスキルが証明されます。また医療事務技能審査試験はメディカルクラークとも呼ばれ、医療事務全般の知識や患者とのコミュニケーション能力が求められます。この資格を取ると、景気に左右されずに就職や転職が有利になるため、女性に人気が高いのです。この二つの資格を取得しておけば転職には非常に有利であるということも、医療系の転職の基礎知識として知っておくべき事柄です。次に転職の際に行われる面接のための準備と心構えですが、質問に答える場合に履歴書の内容や職務経歴書の内容と食い違いがないように注意して下さい。また応募先の医療機関への質問も考えておいた方が良いのです。質問することによって、積極的な態度が評価の対象になるからです。また面接を終えた後で、感謝のお礼状を出すのも効果的です。印象が良くなるだけでなく、自分でアピール不足だった点について補足することもできるからです。特に不合格になった医療機関へ出すのは、医療系の転職の基礎知識として覚えておいて下さい。今回の採用はダメでも、欠員が出た時に声をかけられる可能性が高くなります。

コメントは受け付けていません。