ナース求人の現状について

デスク01ナース求人の現状について簡単にお話しします。むかしから医療業界においては不景気にも強い業種であるといえたのですが、昨今の少子高齢化が進む中、全般的に医療業界において、医師・ナース求人の現状は高い傾向にあるといえることができます。地域的に見れば都会部よりは、特に地方においてその傾向が顕著に表れています。そのようなことから、地域医療に関心がある、故郷に戻ってナースの仕事がしたい、都会より八法で働きたいと希望しているナースの方にとっては良い条件の勤務先が見つかるのではないでしょうか。さらにナースの求人の現状で特徴的なことは、かつてナースの職場といえば病院と相場が決まっていましたが、昨今の高齢化の波を受けて、病院以外の介護施設等においてもナースの需要が高まってきています。2003年度に日本看護協会という団体がが各介護施設に行った調査統計によれば、ナースの求人に対しては、予定していた数よりも採用できなかった、あるいはまったっく採用できなかったと回答している介護施設が全体の3から4割にも達するという結果が出ています。また、病院・介護施設以外でもナースの需要があります。それはひとつに看護師養成機関での需要、さらには研究機関における需要です。医療の進化に伴ってナースにも高度な知識が要求されるようになってきています。そのようなナースの卵たちに対して知識・技量を伝達する先輩ナースの必要性はここに論述すまでもないと思います。以上のように、ナース求人の現状は極めて好調といえるでしょう。